読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花粉症撃退!花粉症のベテランがサポートする花粉ライフ★

花粉症歴15年の重症患者(笑)があなたの花粉ライフをサポートします。

花粉症の薬をずっと飲んでも大丈夫なの?副作用は?長期服用が心配な方に朗報!

f:id:siosaido1:20170118180241j:plain

こんにちは、まりあです。

 

花粉症になって、一番最初の悩み。

多くの人が、1年目か2年目にはこうしたお悩みを抱くのではないかと思います。

「花粉症の薬って、毎日飲んでいて大丈夫なのかなあ……?」

この不安が大きくて、毎日薬を飲めない、なんとなくヒドいと思う日だけ飲んでいる……てなことをやっていませんか?

実は私もそうでした!

でも、色々やってみた結果、それって間違いだったかも……。

今日は、花粉症と薬を飲む頻度についてご紹介します。

 

花粉症で処方される薬って?

そもそも、花粉症で処方される薬はどんな薬なんでしょうか?

花粉症で処方される薬は、抗ヒスタミン剤と呼ばれるお薬です。

アレルギー反応を引き起こす作用のある、「ヒスタミン」という物質を抑制して、アレルギー反応を軽減させようという作戦です。

アレグラやアレジオン、ザイザル、ジルテック、ポララミンといった種類のお薬があり、それぞれに強さや、眠気の出やすさが違います。

 

花粉症の処方薬の副作用は?

花粉症のお薬で、命に関わるというほどの副作用は滅多に聞きませんのでご安心ください。

もちろん、他に飲んでいる薬がある場合は、薬の飲み合わせ等、医師に必ず相談しましょう。

花粉症のお薬の副作用で、よくあるのが、

  • 眠気が出る
  • 身体がだるい
  • 喉や口がかわく

この3点でしょう。

これらは、処方薬に限らず、市販の花粉症のお薬にも多い副作用です。

いずれも重篤とは言えないかもしれませんが、口や喉の渇きなどは、朝起きると喉の痛みに発展していることもあり、やはり花粉症患者にとっては辛い副作用です。

一般的には、効果の強いお薬ほどこうした副作用を発症しやすいということですので、自分で飲んでみて「辛いなあ……」と思うようなら、違う薬を試すなどしてみると良いかもしれません。

ちなみに、「アレロック」「ザイザル」などは、比較的効果が強いと言われているお薬です。

中堅が「アレジオン」「タリオン」、比較的効果が弱めなのが「アレグラ」となっています。

花粉症にはこれ以外にもお薬はあるので、よく分からない人は病院へ行くのがおすすめです。

 

※「アレグラ」は副作用弱めで飲みやすい!市販もされています

 

 ※「アレジオン」も市販薬がありますね(^_^) セオリーを信じればアレグラよりも少し強い薬ということになるでしょう。

【第2類医薬品】アレジオン20 6錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
 

 

 

で、花粉症の薬は毎日飲んでも大丈夫なのか?

市販薬か、処方薬かを問わず、花粉症の薬は毎日飲んでも大丈夫、というよりも……

毎日飲んだ方が良いです。おすすめです。

これは色々な考え方がありますが、私が言ってるのは、

花粉が飛散する期間中は、という条件付きの話です。

死ぬまでずーっと飲んでも安全とかいう意味ではありません。

アレルゲンとなる花粉が飛散する期間は、1年のあいだ数ヶ月ですよね。

スギの場合は、2月~4月くらいが一般的かと思います。

この数ヶ月間であれば、薬の健康被害というような事態は滅多に無いと思いますし、実際飲んでいてなったことがありません。

 

ひどい日だけ飲むというのはどうかしら?

実は私も、毎日毎日薬を飲むのはどうなのか? という観点から、飲んだり飲まなかったりしていた時期がありました。

というかむしろ、毎日のように飲んだほうがいいということに気付いたのがここ数年です。(15年も花粉症をやってるのに)

毎日のように薬を飲んでいないと、身体のほうは、薬を飲んでいない日に目一杯花粉に対して反応を起こしてしまいます。

すると、翌日の鼻水はもう本当にひどいことになり、自分の中では

「今日はひどい日だから、薬を飲まないと」

となって、薬を飲みますね。そして、ある程度身体のほうが落ち着いてくると、

「今日なんか大丈夫だから、飲まなくてもいいかな」

と思いはじめ、また飲まない日を過ごし、花粉に反応し……

花粉が飛ばなくなる時期まで、これの繰り返しなのです。

 

花粉症の最大出力を10として、

ヒドイ日だけ薬を飲む、という認識をしている場合は、

1→2→5→10→4→8→10→4………

という感じで、薬を飲んだ日に4程度には下がっても、多分3以下に下がっていくことはなかなかありません。

 

毎日薬を飲んでおけば、

1→2→2→2→3→3→2→2→3→2……

という感じのまま、花粉シーズンの収束を迎えることができます。

2とか3のレベルで比較的推移し、たまにピーク状態の日に4くらいを経験するかしないか、といった程度です。

 

 これは、私が毎日薬を飲むようになってはじめてちゃんと気付いたことです。

皆さんには、1年でも早く、毎日薬を飲んだほうがまだマシなのだ、ということに気付いていただきたいと思います(笑)

 

薬を飲んでも2か3は反応するんでしょ?と思っているあなたへ

最後に。

花粉症の薬は、完全に花粉症のない状態に私たちを戻してくれるものではありません。

薬での対策に加えて、サプリメントハーブティーを併用していくことで、より花粉症の症状は抑制しやすくなりますので、おすすめです。

 

今年、私が試しているサプリメントは▼このサプリ!

 

「コレスリム」です。

ダイエットサプリなんですが、成分が花粉症向きすぎて超期待しながら試しています。

どんな成分なのかは、▼こちらでしっかりレポートしておきました!

kafunsyou-gekitai.hatenablog.com

 

花粉が飛ぶ前に、痩せ始めちゃったかも(^_^;

一石二鳥かも~!!!

コレスリム公式サイトはこちら

 

また、ハーブティーと、マスクなどに吹きかけて花粉症の症状を抑制してくれるオイルを販売しているのが、ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」 です。

花粉症の憂鬱な時期に、アロマは何よりもほっとしますし、すっきり効果もあり。

まだ使ったことのない方は、是非使用してみていただきたいと思います。

 

サントリーグループのハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」公式サイトはこちら